2016年12月10日

本日自治会のクリスマス会兼忘年会で演奏します♪



昨日、和歌山市西和佐地区高柳自治会館へ

ドラムセットとエレクトリックピアノとマイク、PAをセッティングしてきました。


本日土曜日の和歌山市西和佐地区高柳自治会主催クリスマス会兼忘年会で演奏するためです。
(予約者のみ参加です)


PROCeeD としては、一昨年にヴァイオリンを除いて、ピアノ・アルトサックス・ベース・ドラム構成にて声をかけていただきました。

ヴァイオリンは主催者様の身内のO先生が、ゲストとしてヴァイオリン独奏とPROCeeD 参加という形で出演されました。


ハーレムノクターン、ラ・クンパルシータ、情熱大陸やお客様が歌で参加された、雪が降る、雪の降る街へ、夜霧よ今夜もありがとう、マイウエイなど今でも楽しく思い出されます。


去年はヴァイオリン・コントラバス・ピアノのクラシック演奏とPROCeeD Kumi(p)によるお客様コーナーのアトラクションで盛り上がったそうです。



さて本日は

昨年同様の3名によるクラシック演奏と

PROCeeD Kumi(p) Keith(ds)+ヴァイオリン+コントラバスによる演奏。

なんちゃってJazzの私たちとクラシック演奏者との共演です。

さてさて


私たち2名とヴァイオリン・コントラバスの2名様(都合4名)とは音合わせ無しにぶっつけ本番で次の6曲を演奏する予定です。




1.カッチーニ・アベマリア(寺井尚子風味)

2.G線上のアリア(bossa nova 風味、私のリクエストです)

3.ブルーライトヨコハマ

4.舟唄

5.ウィスキーがお好きでしょ

6.川の流れのように



前もって楽譜を渡されているとはいえ音楽は生モノ。

私自身、久しぶりに集中力を全開にしてプレイできるのが楽しみです。

(ハラハラドキドキの緊張感が味わえますように♪)


それになにより

ステファン・グラッペリも好みだというO先生のヴァイオリンと奥様のコントラバスが聴けるのが楽しみです。


2年ぶりの共演に朝からワクワクしています。


ところで、O先生のヴァイオリン参加のPROCeeDがご覧になりたい方は

C十万円也のギャラをいただけるならば喜んで参上いたします。(交渉可能)



※参考

バンドマン業界用語説明(私が20代当時)

C→ド 1
D→レ 2
E→ミ 3
F→ファ 4
G→ソ 5
A→ラ 6
B→シ 7
おくたーぶ→8


練習問題です(笑)

C万G千円は
いくら?






文責 キース





Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 11:52│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。