2016年09月18日

公民館ジャズ 大盛況でした



第6回公民館ジャズ@本町公民館


小林舞弥 with PROCeeD+1(森本g)


立ち見のお客様も出るほどの大盛況で無事終了しました。



リハ中にアップライトピアノの鍵盤に不具合が生じ、念のために持参したエレピを急遽運び入れるというハプニングはありました。

そのために、セッティングの関係で小林舞弥さんはステージ下で歌わざるを得ない状況になり、申し訳なく思っています。



1部、2部共にスタート3曲をジャズスタンダードナンバーを中心に、PROCeeD+1の演奏。


その後、シンガー小林舞弥さんに登場いただいて、楽しいトークと表現力あふれる歌声を披露していただきました。


お客様を楽しませるパフォーマンスは、さすがプロだと感心することしきりでした。




私個人としては、楽器搬入からのリハ・本番と計4時間半の運動中、補給した水分が、用意した200mlの特別ドリンクと、コップ一杯のお茶でしたので

脱水による筋肉硬直(こむら返り)か?

疲労による筋肉硬直?

加齢による筋肉硬直?

運動不足による筋肉硬直?

(という程の筋肉は付いていないのですが)


左膝の激痛もあり、後片付けや搬出時にはひとりでへたれ込んでいました。


バンドメンバーや公民館関係者様の協力で、機材を運んでいただきました。

ありがとうございました。


19日にもタフな演奏がありますから、公民館ジャズでは省エネ演奏を心がけたのですが、、、

小林舞弥さんの歌声や来場してくださった皆様に乗せられて

つい、本気モードになりました。


「楽しかった。」というお客様の声や

「ご苦労様でした。皆様に喜んでいただけました。また来年もお願いします。」という主催者様の声に

疲れも飛んでしまう秋の夜でした。



今日はもちろん、横になっています。
 


本町公民館関係者の皆様。

お聴きくださったお客様。

沢山の写真を撮ってくださった皆様。


お疲れ様でした。

改めて

ありがとうございました。

m(_ _)m




文責 キース





Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 13:11│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。