2018年03月18日

狂躁亭深夜短信・余りに少な過ぎる地震1803180040


おととひの世界様情報です。

☆狂躁亭深夜短信・余りに少な過ぎる地震1803180040

2018/03/18 00:20


国内外特に国内で
活発に地震が起きていたのに
パタリと地震がなくなった
この一週間ほど

ちょっとおかしいですよ
こういうのは静穏化現象とは違うけど
とても不気味です

ともかく年末年始から
この2ヶ月間異常だった
特に環太平洋地震帯及び火山フロント
これでもかと噴火しまくってましたから

アメリカ合衆国以外のところは
ほとんど地震が起きている感じでしたよ

日本は火山が活発だったけど
地震は起きていない
この場合の地震
マグニチュード6以上の地震のことです

環太平洋リングオブファイアの中で
日本だけが起きていないんで
残る全ての場所で起きてますよ
カムチャツカも含めてね

18日から19日に
ロシアのやつが言うとおり
太陽が妙な動きをするかどうか?
ちょっと要注目ですね
太陽フレアが地球にかかると
だいたい火山噴火するんですけどね
地震は必ずしもそうではないけど

日本だけが空白域というのは
どうも気になります

まだ気をつけた方がいいかな

マグニチュード6震度5
ぐらいが来なきゃおかしいんですが


http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=karajanopoulos1908&articleId=12361126799&frm_src=article_articleList



※過去記事

☆明日明後日・・(17日18日)

2018/03/16 21:55

・・・気を付けた方がよいかも?
新月のうえに磁気嵐
今時間ないんで夜中にでもまた
・・zzz zzz Zzzzzzz


☆狂躁亭日乘・太陽嵐18日襲来?1803170800

2018/03/17 08:23

念押しを最初にやっくと
まだ太陽嵐は起きてもいないし
来てもいません
起きるかも?と
言っている人がいるというだけ
しかし諸々の状況を見ると
今起きるとちょっとまずいかも?
という話がこれからのはなし
地震よりも火山がより危険かな?
こういう時不思議に噴火が相次ぐから
今のところ
こういうとき必ず騒ぐNASAが
何も言っていないのでどうなるかですが

5ちゃんの見出しチラ見して目につき
引用ネタ元はトッカーナさんだった
でも言っていることは事実だし
ロシアの学者が言い出してるんだ
しかも政府機関のまともな学者
『18日に激ヤバ“磁気嵐”が地球直撃へ!
全人類が“頭痛・めまい・うつ・不眠”に
襲われる可能性 ロシアが本気で警告!』
ロシア科学アカデミー傘下だって
科学アカデミーそのものがじゃないけれど
まあそれに近いんでしょ
レベデフ物理学研究所の
Lavatory of X-ray astronomy of Sun
その辺の人が発表しているらしい
読む限りまだ発生はしていない
だからNASAはまだ何も言っていない
ただそこの人の予測によればという話
15日からとても活発になっている
ご存知の通り現在太陽は無黒点状態
人気ブログ In Deep さんの引用元は
昨年9月27日のコロナホールよりもやや小さめの
それでもかなり大きなコロナホールが
3月12日に発生していて
昨年9月の磁気嵐
大きな被害が心配されたけれど
それほどのことにはならなかった
おそらく今回は
それほどのものじゃないんじゃないかと
おそらくロシアのやつが
予測をたてたより前だ
ロシアのやつがこう言ってるのは
おそらくその後の変化を見て
言っているんでしょ

彼らによれば15日から
太陽表面のフレア活動が活発になっていて
このまま推移すれば18日に
大規模な磁気嵐つまり太陽風が発生
そして22日26日にも発生
18日のものは地球を直撃する可能性が高い
と言い出している
人体に与える影響については
この際ちょっとおいときます
これはネタもとの問題じゃなくて
ネタ元はそれなりに
しっかりしているところだし
それなりに根拠があるから
こういう警告を世界に向けて
なわけでしょ?
とりあえずそうなる可能性がある
という前提で考えると
ちょっと今時期悪いんだよね
まず本日夜10時過ぎに新月です
既に昨日からちと危険な状態になっていて
水星が東方最大離角だったのは
昨日の日付が変わった頃
そして今日は新月で
明日明後日は水星金星そして天王星あたり
あくまで黄道上だけど
次々に月が通過していく
つまり地球から見て重なるわけですよね
今魚座から牡羊座の境辺りに
惑星が集まっていて
それを通過する月が
しかも新月直後の月が刺激するわけです
惑星直列現象です
ここへ来ての太陽嵐はちょっと危険
起きないことを祈るばかりだけど
月食日食ではないから
しかしこの間までそれが連続していた
そしてまもなく太陽も牡羊座に入る
それが春分の日ですけど
今日夜半から18日19日といったあたり
ちょっと要注意ですよ
心配なのは日本の政情ですよね
いよいよ安倍政権も
大団円に入りつつあります
菅直人政権と東日本大震災
菅直人政権と安倍晋三政権は
実は正反対のようで似た者同士

歴史的位相で言えば
似たようなものなんですよ
ともに長州政権ですからね

菅直人政権がいよいよ追い詰められ
大震災が起きたけど
現在状況がとてもよく似ています
これもとても危険なことで
世論と地震なんて
関係ないじゃないか?って
言うかもしれないけど
世論をヒートアップさせる力
地震を引き起こす力って
同じかもしれないんだよね
あのロシアのリナ・サワンスカヤ氏は
そういう事言っていた
ゴルバチョフ政権後半から活躍している
ロシアの占星術師だけど
旧ソ連が崩壊していく過程で
ナゴルノカラバフだとか
アルメニアだとか大地震が相次ぎ
その辺りで反体制運動が激化して行った
現象だけ見れば相関関係がある
以前天王星が牡牛座にある時
幕末幕府崩壊現象が始まったと
現在その前夜にあります
今年の5月16日ですからね
あの時も黒船が来航した直後から
まず江戸地震続いて安政の東海南海地震
その辺りから世界も変わっていた
1870年ドイツ帝国成立を持って固まる
ヨーロッパの第1次世界大戦前秩序が
できるまでの激動期に入りました
アメリカはゴールドラッシュの時代
そして10年後のオイルラッシュの時代
そして南北戦争を経て北軍の勝利
北部工業資本によるアメリカ再統一
こういう時代だったわけ
今後14年かけて
それが繰り返されると思います
ふた回り前がそれで
一回り前は第二次世界大戦で
どのみち激動期に入るのは
避けられません
おそらくそのきっかけも地震で
あとはいつ頃起こるかなんだけど
今年は危険な時期が目白押し
今回こんなことになって
3月末も危険になってしまった
4月は政治的な危機が訪れる
おそらく4月中旬から下旬にかけて
安倍晋三と麻生太郎という
乙女座ツートップが極めて危険になる
というかもうなっちゃいましたね
あとは時間の問題でしょ
そして5月16日からしばらく
問題なのはワールドカップ開催の6月7月
そして7月末
7月末もとても危険な時期です
2003年クラスの火星超大接近が7月31日
その前に日食か月食だったよ
さらに年末12月7日か8日
この日のことは以前書いたけど
年がら年中危険指定されている
どういうことなんでしょうね?
マーこれから物情騒然とした
幕末に近い世の中に
なっていくということなんでしょう
意外と早く来たね
明日からだよ
特に何か備えることはしないですけどね
観覧車に乗らないとか
地下鉄に乗らない
程度のことは考えますよ
私が現在ビビっているのは
こういう時期に
高速増殖炉『もんじゅ』の
廃炉作業が始まるということ
以前旧ソ連でこれよりも

小さな高速増殖炉を解体時に
事故が起きて
風下1600 K が汚染されました
プルトニウム燃料だけでも大変なのに
これの作動流体は
『金属ナトリウム』なんですよ
ナパーム弾の起爆薬ですよね
ほんの少し水に触れただけで
大爆発を起こします
こんな大それたものを
文部科学省のようなバカ官庁に作らせた
インチキ学者の責任は
もう重大なんてもんじゃない

もんじゅから京都大阪
というより関西圏なんて
すぐ近くでしょうが?
文部科学省のバカ役人に
コントロールできるような代物じゃ
最初からなかった
そんなもの作らせるべきじゃ
なかったんですよ



情報感謝。



  


Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 08:53