2016年11月28日

「歌伴」の悦びJAZZ PIANIST ぱくよんせ


「歌伴」の悦びについて

JAZZ PIANIST ぱくよんせ Park Yeongse様が語っていた。


以下転載


ぼくはありがたいことに仕事のほとんどが「歌伴」というやつである。ボーカリストの伴奏だ。「伴奏」という表現はジャズにおいてはあまり適切ではないと思うけどとりあえず便宜上使うこととする。

とにかくぼくは歌伴が大好きである。すぐれたボーカリストと共演することこそがジャズピアニストとしての喜びといっても過言ではない。この喜びがわからない人はジャズピアニストには向いていないとさえ思う。

歌の伴奏というのは楽器奏者の伴奏と全くの別物であるなあと感じることが多い。ボーカリストは歌詞を歌わねばならないためその歌詞が一番いい状態で聞こえるように伴奏をしないといけない。これが管楽器であると歌詞がないためまた様子が変わってくる。歌詞がバックにあるのはもちろんだがなんの音をどのタイミングで吹くかということのほうが重要になってくる。歌詞があるとこの点が全く変わってくる。歌詞を伝えることがまず第一にくる。いくらフェイクしてもaやtheをとばしては決してだめである。ひとつたりとて欠けてはいけないのだからその邪魔をしてはいけない。

邪魔をしてはいけないという反面、だからといってバックに徹しなければならないのかというとそんなことはなくて、ジャズなのだから相互作用が必要になってくる。伴奏者もボーカリストに刺激をあたえるような和音を弾いたりフレーズやリズムの提案を瞬時にしたりすることがジャズならではの楽しみになってくる。

しかしこれも気をつけなくてはいけなくて、ボーカリストは体のどこかを押さえればソの音が出るとかそういうものではないのでボーカリストが自分の音をわからなくなるようなことはしてはいけないのである。こういうことをそれぞれ瞬時瞬時に判断してやらなければいけないのだからジャズは本当に大変なのだけどそれがまた楽しいのである。

そしてそれらが自己満足にならず惰性にもならず、芸術的価値をもって音楽的なまとまりもありつつ、そしてエンターテイメントにもなっているという。。。

これが本当に理想なのである。なかなかそういうことは難しい。いつもできるとは限らない。しかし奇跡的な瞬間というのは訪れるもので、これは本当に素晴らしいのである。その瞬間が高い確率で訪れるようぼくたちは日々研鑽しなければいかんのだなあとあらためて思う次第であります。



キース:研鑽も練習もしてないなあ〜



  


Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 12:52Comments(0)

2016年11月24日

11/22(火) maywind cafe にて生BGM演奏しました。


画像はKumi(p)のお友達からいただきました。(ありがとうです♪)



11/22(火)太陽光が暑く感じられた今日の午後。


maywind cafe にて

13:40からピアノトリオBGM演奏の予定でしたが

沢山のお客様にご来店いただいたため

【ベース担当のmaywind cafeオーナーDr.Joy】は長エプロン姿で、テーブルとカウンターを行き来して接客に大忙し。

(長エプロン姿が、しゅっとした彼の顔や体型に恐ろしくマッチしていますww)

ベースを手にする時間がありませんでした。


ですから、画像のようにKumi(p)と私Keith(ds)の二人でステージに立ちました。


ピアノとドラムだけで始めたのですが…

ベースがバンドの中でいかに重要な役割を担っているかを改めて痛感させられました。



ステージ上にはエレキベースギターが用意されていましたから、2曲だけ弾きました。

(以前、フェルナンデス・ジャコパストリアスモデルを弾いていたことがあります。コード表記があれば根音中心に弾けますし、ヘ音記号楽譜もそこそこ読めますww)



ピアノとドラムのduo

ピアノとベースのduo


段取りが変わる現場の状況にオロオロうろたえてばかりで、素早く対応できない自分たちを情けなく感じました。



お約束のピアノトリオで演奏できなくて申し訳なかったです。

ごめんなさい

m(_ _)m



わざわざ足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。


初めてましての皆さま、ありがとうございました。


お店の皆さま、ありがとうございました。

m(_ _)m



以下、オーナー
Dr.Joyからのメールです。



『予想を大きく上回るお客様の数でした。当方の不手際で、飲み物や料理を出すのが大変遅くなり、お客様に大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。平にご容赦下さい。気分を害された方も多かったと思います。今後は、もっと手際よく対応できるように努めてゆきます。』



maywind cafe で皆さまとお会いできる機会があれば嬉しいです。




次回は12/20(火)に予定しています。



できれば、ステージでの演奏など気になさらずに、おしゃべりや飲食を楽しんでもらいたいな。




文責 キース


  


Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 09:47Comments(0)

2016年11月20日

11/22(火)maywind cafe BGM


maywind cafe

画像上から

・入口ドア右側
・店内カウンター
・ステージ備え付けドラムセットcymbals Aジルジャン(プロ仕様)



まず過去記事より

〇オープン前の maywind cafe にて音合わせ。(16/8/7 08:28)

知り合いのベーシスト(本職ドクター)から

ライブハウスカフェ完成お披露目会のご招待をいただいた。

県庁前通りを県庁を右に見て進み、左手ニュース和歌山のビルの北(道路向かい、県庁の並びということです)。

2階建ての白い建物。

maywind cafe と銘打たれた重厚なドアを開けると、もう一枚のドア。

中に入って、手を叩いて音の反響を調べてみる。

ほとんど反響しない。

天井には吸音素材、壁にはスポンジウレタン(1枚8000円らしい)が装飾として何枚も垂らしてある。

なるほど、反響しない→音が客席空間で回らないから聴きやすい。


広いステージに目をやると

音響装置はコンソールがYAMAHA。

スピーカーはbose。

照明やスクリーンも設置。

・グランドピアノ
・エレピアノ
・シンセサイザー
・YAMAHA ドラム (ええのん)
BD20,タムは 10,12,16
シンバルは全てAジルジャン。
ドラムだけで総額ん十万円。
ワシのセットの3倍は金かかっとる(笑)

・ベースアンプ
・ギターアンプ
・マイク数本

十人は余裕でステージに立てますね。

ベーシストの彼の凝りに凝った、思い入れたっぷりのライブハウス完成。

 ◇◇◇

この時から3ヵ月経過した初冬のこの頃です。

※11/22(火)

maywind cafe afternoon BGM jazz

13:30-14:20

ピアノトリオ
Kumi(PROCeeD)
Dr.Joy(joyclub)
Keith(PROCeeD)

ライブやコンサートではありませんから
Mチャージ不要です!
(1drink以上注文してください)

お問い合わせ

maywind cafe

〒640-8251 和歌山県和歌山市南中間町75
TEL:073-488-8614

営業時間:月・火・木・金曜、11:00-15:30
休日:水・土・日曜・祝祭日


 ◇◇◇

私たちは

音響装置を使用せずに

グランドピアノ + el bass + drums

(ピアノトリオ)

BGMを奏でます。


私たちは演奏家として特筆すべき経歴もありませんし

Jazzを楽しんでもらおうなどという、大それた考えもありません。


お客様のご飲食や(他のお客様の迷惑にならない)お喋りの邪魔にならないような演奏にチャレンジします。



料理や飲み物をより一層美味しく召し上がっていただけるような。。。


「シャレオツな音楽が流れていると、なんかいいよね」的な和やかなご歓談にセレブ感をプラスできるような(笑)。。。


そんなBGMを目指します。


BGMですから

お客様にとって音量が大き過ぎならば、遠慮せずにおっしゃってくださいね。



当日お会いできるのを楽しみにしています。





文責 キース



  


Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 07:27Comments(0)

2016年11月14日

今月22(火)と25(金)ピアノ&ドラム参戦予定です。


※11/22(火)

maywind cafe afternoon jazz

13:30-14:20


ピアノトリオ
Kumi(PROCeeD)
Dr.Yoda(joyclub)
Keith(PROCeeD)

Mチャージ不要です!
(1drink以上注文してください)



お問い合わせ

maywind cafe

〒640-8251 和歌山県和歌山市南中間町75

TEL:073-488-8614

営業時間:月・火・木・金曜、11:00-15:30
休日:水・土・日曜・祝祭日


  ◇◇◇  


※11/25(金)

和歌山ライブの歩き方ブログ様より転載です。 
 

名称: 毎月恒例の茶花ライブ♪

日時:2016年11月25日(金)開演 19:30  20:30

会場:きっちんカフェ 茶花 和歌山市黒田145-4

出演:菱田 信治(sax)/森本敏弘(g)/中井 一成(b)

関連サイト:https://www.facebook.com/nobuharu.hishida

参加:¥500+1ドリンク

お問い合わせ先:きっちんカフェ 茶花 073-474-5281


体調が良ければ、Kumi(p),Keith(小太鼓)も参戦予定です。





以上2件お知らせします。



文責 キース

  


Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 20:51Comments(0)

2016年11月05日

顔本で演奏動画を見せてもらう度に思うこと。


私は「顔本」にも「線」にも登録していません。


時々、「顔本」にアップされてある演奏動画を拝見することがある。

そのほとんどが「えっ、実際はもっと上手いだろう」と思うできばえ。



演奏者ご本人がアップされているのは何ら問題はないだろうが、

他人の演奏動画アップの際、演奏者に了解済みなのだろうか?
と余計な心配をしてしまう。



PROCeeD は、動画のアップは承認しません。


先日、私のバンドのベイマラソン演奏動画をアップされているのを見たが、事前に承諾はなかったそうな。

今回はオリジナル曲に限って、事後承諾した。(録画状態も良くなくて、ドラムの音が聴こえなかった)



写真は原則、自由にアップしてくれてかまわないが、「私たちが可愛く写っているならばオケ♪」とは、Kumi(p)、Fumi(kyds)の声(笑)



以下のJAZZ PIANIST ぱくよんせ Park Yeongse様のご意見に禿同します。


◇ライブ録画をどこまで許すのか


16/11/05


市民一人一人がスマホを持つ時代。もはやほとんどのことはこの小さな箱でできるようになった。当然カメラやビデオも気軽にできる。素晴らしい進化である。技術者たちの苦労の結晶である。おお、人類の叡智万歳。

とはいえ、我々からすると困った現象も多い。ライブ中の無断撮影、無断録音、無断録画である。


悪いことだと認識してこそっとやる人。だめだけどまだ可愛げがある。子どもっぽい。

問題は良いことだと思っている人である。先日など、ライブのほぼ全てを録画して即座にネットに全てアップし、事後報告で「全部あげときましたから、みなさん喜ぶと思います」なんてるんるん気分で報告されてしまった。あまりのことに「はあ。。。」としか返事できなかったがこれは完全にアウトである。アウトであるが本人はアウトなどとは微塵も思っていない。アップしている本人はライブが素晴らしいと思っており、これをもっと広めたいという思いからアップしてくれているのだから善意の塊なのである。善意で泥棒をしているようなものなのだ。

困った困った。

まあぼくのような有名でもなんでもないミュージシャンなんて被害は大したことはないのだが有名な人にとってはこれはかなりの問題らしい。

プリンスが生前インターネットに無断録画やDVDの動画をアップすることを一切許さなかったというがまあそれくらい厳しい措置をとるのも一つの手段ではある気がする(彼の死後Youtubeが彼の動画であふれたのは皮肉である)。


今後このようなお客さんをゼロにすることは難しいだろう。というよりもっと増えて行くにちがいない。とすると我々にできることはこれを禁止することではなくうまく利用することではなかろうか、と思うのだ。うまく利用するためには。。。とここからが頭のいい人には思いつくのだろうがぼくにはどうもこうも。みなさんの知恵をお借りしたいところである。


 ◇◇◇

誰か良いアイデアを教えてあげてください。


私たちPROCeeDも、みんなに知らせてあげたいと思ってもらえる演奏をしたいものだ。


  


Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 13:40Comments(0)