2015年07月06日

これが和歌山スタンダードなの???



客がチャージ代と1ドリンク分以上を支払って観戦するライブ。


そのようなイベントがあるよね。


出演者は、流石にチャージは無料だが、自分のドリンク代は支払う。


交通費は自前。


言ってみれば、主催者と会場を貸す店だけにお金が入るシステム。


駐車場代、ドリンク代の出費を覚悟で皆さんが参加します。

出演者は事前に了解済みですから、何の問題もありません。




しかしながら

私は

これってどうなの?

主催者はこれでいいと思ってんの?

という疑問を持つのです。



その疑問を去年の冬、主催者の男性にぶつけてみました。


『客から、チャージとってんじゃん。
出演者はいわゆる自前で出てるやん。
主催者であるならば、出演者に対してありがとうという言葉だけじゃなく、仮に1コイン500円でも駐車場代のタシにしてくれって渡す方がいいんじゃね?
それが主催者としての心意気だろ。』




7/5 昨夜のことです。


『T君、この前の〇〇に出たんやな。その時、主催者のM君から500円もらえたん?』



「500円??なんや、それ? 何ももろてないで。」


『実は………』


「なるほど、気持ちの問題やな。」



そ!

気持ちの問題。


だけど、現実は

これが

和歌山スタンダード

なんかな???




頼んだら、出演・演奏してくださる優しい人たちが沢山いらっしゃいますものね。



主催者、依頼者たる者、その礼儀・心意気を持つべし!





天の声

みんなが機嫌よくやってんのやから、じじいがつべこべ言うこともないやろ!!




文責
PROCeeD Keith



  


Posted by キ-ス・ジャレッ子 at 18:20Comments(0)